fc2ブログ
こんばんは、ラクダです。

今日話す件も、いつかは書きたいなと思ってた内容なのですが、「らくだ屋はなぜ2種類の占いを用いているのか」という件についてお話したいと思います。

占いを始めた当初は、タロット一本槍でした。しばらく学んで、ある程度扱えるなと思うようになって、実占を始めてからもしばらくはタロットだけしかできませんでした、というか、していませんでした。

今では、0学(ぜろがく)も行い、2種類の占いを用いて実占を行っているのですが、その2種類行うようになった理由は何か?


…その理由は、近所のイオンの占いコーナーの「占い師さん募集!」という貼り紙に、その条件として、『2つ以上の占いを行える方』と書いてあったからです(笑)

といっても、プロの占い師を目指そうと思ったわけではありません。
(そりゃ一時は、占い能力がめきめき向上して、お金稼げるようになればいいなあと他愛なく思った時期もありましたが、今では一生無料アマチュア占い師でいきたいと思っています)

プロが、プロとして雇われる条件が、2つの占いを用いることができる、ということの意味を身をもって知りたくなったのです。

で、そこからいろいろ考え、タロットが卜(ぼく)なら卜をもう一個やってもしゃあないし、何か違う路線のほうが良いだろうとかいろいろ考えて紆余曲折を経てもう一個は0学となったわけです。

で、やり始めてみると、なるほどその意味がよくわかりました。(本当の意味は分かりませんが、自分としては感じることができたように思います)それは、タロットだけでは見抜きにくい気質的な要素は0学が補完し、0学だけでは見れないダイナミックな部分や場面的なものはタロットが教えてくれる、という相補作用がある、ということです。そりゃ、同じ人を見ているわけですから当然といえば当然なのですが、両者の感覚は不思議と喧嘩せずに今まで来ており、そのことにも、毎回素朴に驚いているというのが本音なんですね。違う理論体系で、異なったアプローチから一人の人、特定の事象を見ると、表現は違うものの答えの質は一致するというか、矛盾しない結論に至るんですよね。自分でやってて、占いってすごいなぁと思います。

よろしければ、これをお読みの皆様も、またご依頼ください。お気軽にお声掛けくださるとうれしいです。

ちなみに、最近当ブログをいろいろと改装しているところなのですが、PC版に限りメールフォームを貼り付けはじめました。らくだ屋にメールを送りたくなった際は、お名前、ご自身のメルアド、用件を入力いただきますとそのままらくだ屋にメールが届く仕組みになっております。よろしければまたご活用ください。

にほんブログ村
上記バナー1クリックお願いします

彷徨える流浪のブログですが、どなたかのお目に届いていたら幸いです。

らくだ屋 拝

スポンサーサイト



2017.08.23 Wed l 占い l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://uranairakuda.blog.fc2.com/tb.php/46-7cd5dfe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)