fc2ブログ
こんにちは、らくだです。

前回ブログ以降、いまだ実占依頼ございません。
それはそれで全然いいんですけど、こちらとしては特に拒んでるわけではありませんので、実占のご依頼については今のところウェルカムな状態でありますことをご案内させてもらっておきます。
占いを希望されてらっしゃる方はご遠慮なくどうぞなのです。

と、先にお知らせさせていただいたうえで、今日の本題です。
以下、少々長くなりますが、お付き合い頂けると幸いです。

まず、6月4日(木) 、favour kamelというお名前で、「hello」と一言だけのメールを頂きました。
この時は日本人の方が外国人っぽいHNでメールをくださったのかなと思っていました。

そこで、
「こんにちは、はじめまして
メールを頂き、ありがとうございます。
hello一言でも嬉しいです。
また、もしも何か御用件(例えば占いなど)ありましたら、またメールいただけますでしょうか
お待ちしております
らくだ屋」
…というメールを返信しました。

そしたら、です。翌6月5日(金)、結構な長文の英文メールが送られてきました。
元文はこの通りです↓
「My dearest ,
i am happy to receive your reply to my mail , let me tell you everything about me , my Name Is favour i am from ivory coast in Africa ,i am 24 yrs , single and never married before but presently i am residing in a missionary orphanage home here in Senegal as a result of the civil war that was fought in my country before , my late father was a managing director of a rubber industry company and he was the personal adviser to the former head of state before the rebels attacked our house one early morning and killed my mother and my father in cold blood. It was only me that is alive because i was in school then but I managed to make my way to a near by country Senegal where i am living now. you can call me in your free time through the the reverend priest in charge of here No.( 0______) .
I want to go back to my studies because i only attended my Second year in the university before the tragic incident that lead to my been in this situation now took place. Listen to this i have my late father's deposit of account and death certificate here with me which i will send to you after because when he was alive he deposited some amount of money in a bank in Europe which he used my name as the next of kin,the amount in question is $2.3M (two Million Three Hundred Thousand Dollars) . So i will like you to help me transfer this money to your account in your country and from it you can send some money for me to get my traveling documents and air ticket to come over to your place for a better life .
i will wait for your reply so that i will tell you what to do .
Yours sincerely favour 」

…英語には多少の心得があるとは言うものの、込み入った話はさっぱり分かりません。
そしたら今はすごいですね、スマホで見ると元文のままで翻訳アプリとか必要なんですが、PCで見ると勝手に自動翻訳してくれる!

...というその日本語訳がこちら↓
「私の最愛の、
私は私のメールにあなたの返信を受け取って幸せです、私はあなたに私についてのすべてを話しましょう、私の名前は私がアフリカのコートジボワール出身です、私は24歳で、独身で結婚したことがないが、現在私はここで宣教師の孤児院の家に住んでいます 以前に私の国で戦った内戦の結果としてセネガルで、私の亡き父はゴム業界の会社のマネージングディレクターだったし、反乱軍が早朝に私たちの家を攻撃し、冷たい血で私の母と私の父を殺す前に、彼は元国家元首の個人的なアドバイザーでした。当時学校にいたので生きているのは私だけだったが、私は今住んでいる近くのセネガルに行くことができた。あなたはここでNo.(0_____)を担当する崇拝司祭を通してあなたの自由な時間に私を呼ぶことができます。
私は今、このような状況に至る悲劇的な事件が起こる前に、私は大学で2年生に通ったので、私は勉強に戻りたいと思います。これを聞いて、私は彼が生きていたとき、彼は彼が近親者の次として私の名前を使用したヨーロッパの銀行にいくらかのお金を入金したので、私はあなたに送る私と一緒にここに私の亡き父の口座と死亡証明書の預金を持っている、問題の金額は$2.3M(200万3000ドル)です。だから私はあなたの国であなたの口座にこのお金を転送するのを手伝って欲しいし、それから私の旅行書類と航空券を手に入れて、より良い生活のためにあなたの場所に来るためにお金を送ることができます。
私はあなたに何をすべきかを教えてくれるので、私はあなたの返事を待ちます.
あなたの心から好意」

…えぇぇぇ!
何だかよくわかりませんが、彼女に協力すると230万ドル、ざっくり1ドル=100円(通貨レート全く知りませんけど)として、2億3千万円(で、いいのかな?)、のいくばくかを自分に送ってくれる、とか!・・・・・って、ある訳ないですやん(笑)

ネットで調べてみると、これと同じようなセネガルの女性を名乗る詐欺メールっぽい事案の記事を見つけました。
ウチに来たのも同じような類のものかと思います。
ただ、これが全くの嘘と断定することもできないので、↑電話番号のとこだけは伏せておきましたけど。

らくだ屋としては、身の丈に余る扱いきれない案件として、今後の連絡は一切断たせていただくと判断いたしました。
セネガルのカマルさん、本当に困ってらしたらゴメンなさい。

というわけで、今日は壮大すぎる事案に巻き込まれかけたらくだ屋のお話でした。
本当に海外在住の日本人の方からは実占依頼いただいたこともあるんですけどね、こういうのは初めてで少し面白かったです(笑)

各種占い完全無料で引き続き受付中です。
ご依頼、ご相談おありの方は当ブログのコメント(メルアド必須)、ホームページのメールフォーム、または直メール(rakudatarot@gmail.com)にてお声かけください。

彷徨える流浪のブログですが、どなたかのお目に届いていましたら幸いです。

にほんブログ村

タロット占いランキング

よろしければ上記バナー↑1クリックお願いいたします。
また、下↓の《拍手》のほうも1クリックくださるとラクダが喜びます。

お金の方は大丈夫。BIGで高額当選する予定ですから!

らくだ屋駱駝 拝
スポンサーサイト



2020.06.06 Sat l 日常 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://uranairakuda.blog.fc2.com/tb.php/612-716c2bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)