fc2ブログ
こんばんは、らくだ屋です。

先ほど強烈な豪雨が降っていました。もうやみましたけど。
最近、日本は温帯気候じゃなくて熱帯の気候に変わってきてるんやないかなとホンマ思います。

さて、表題ですが、昨日、うどん自販機探訪のドライブに出てきました。
うどん自販機、ご存知でしょうか。
最近、テレビなんかでよく紹介されています。昔は結構あったものが時代の流れの中で、もう国内でも数えるほどになったとか。
近畿地区では、3か所で現役稼働しているとの事で、ラクダ嫁の希望もあってぐるっと約500㎞のドライブに行ってきました。

実は、らくだ自身はこの企てには消極的だったのです。
というのも、若かりし大学生のころ、原付バイクで大阪の自宅から自走で北海道に向かうという一人旅を行った際、詳細は忘れましたが、秋田だか青森だか、東北地方の山のふもとでこの自販機のうどんを食べたことがあるのです。そして、それがほんっっとに、マズくてマズくて、もう、もそもそのべちゃべちゃの、細長い小麦粉の団子みたいなうどんに、ぬるい汁、といい思い出が全くなくて…
嫁さんにも、「行ってもええけど、きっとおいしないで」と消極的な発言ばかりを繰り返していたのです。

ともあれ、そういうわけで、うどん自販機探訪ドライブに行ってきました。
まず1件目は、神戸市の深江浜にある、「石田鶏卵」さん。
詳細は(以下のお店も)ネット検索すると出てきますよ。
20200905172638244.jpeg

うどん自販機はこれ↓
20200905172652d3c.jpeg
おお、なんとりりしい!

早速コインを投入し、そばとうどんを調達しました
20200905172722aee.jpeg
これがなんとまぁ、美味しいんですよ!
出汁も熱いし、うどんもそばも茹で麺ではありますが角が立っていて、充分おいしい。
ラクダ嫁は「これより美味しくないうどん屋さんあるよね」と言ってましたが、らくだも同感。

使用後の器入れも
20200905172737587.jpeg
こんな感じで、ちゃんと日常的に使われてるんやなぁと感じられました。
いやー、これはまた食べたくなるな。
自販機の物珍しさもともかく、このレベルのうどんが230円で食べられることがコスパ最高です。

あと2件は長くなりそうなので後編に書きますね。

彷徨える流浪のブログですが、どなたかのお目に届いていましたら幸いです。

にほんブログ村

タロット占いランキング

よろしければ上記バナー↑1クリックお願いいたします。
また、下↓の《拍手》のほうも1クリックくださるとラクダが喜びます。

後編に続きます

らくだ屋



スポンサーサイト



2020.09.05 Sat l 旅・行楽 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://uranairakuda.blog.fc2.com/tb.php/636-33047c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)